Information

2020/07/06 02:14

Ukes, Cats and Stories(フォトブログ・本文付き)

2020/06/30 05:00

ライブ・イベント・CDの最新情報

🌟『MUSIC LIFE 1960年代のビートルズ (シンコー・ミュージックMOOK)』7/9発売

🌟<YOUTUBE> ソロウクレレ(インスト)動画を定期的にアップしています。ようこウクレレYouTubeチャンネル「chura424」、ぜひチャンネル登録をお願いします。

🌟<LESSON> 松田ようこのウクレレ・レッスンは現在、トイズミュージックスクール渋谷校にて実施。グループレッスン、個人レッスン共にZOOMを使ったオンラインでも対応していますのでお気軽にどうぞ🤗。レッスンご希望の方やお問い合わせはメールで松田ようこ宛にご連絡ください。

🌟<SCORE> ポップスをソロウクレレ(インストゥルメンタル)用にアレンジした楽譜(五線譜、TAB、ダイアグラム付き)をPiascore 楽譜ストアでダウンロード発売しています。カード決済OK。演奏動画はyoutubeのchura424チャンネルをご覧ください。

🌟<YOUTUBE>  6/5(金)に米インディアナ州で開催されたウクレレ・ワールド・コングレス=UWCに、OMO YOKOがビデオ出演し嬉しいコメントをたくさんいただきました。このイベントはYouTubeのUkulele Congressチャンネル内「UWC Friday」で視聴できます。OMO YOKOの出番は6:29:10あたりです。

🌟<YOUTUBE> スワップミート・ガールズ(初代)12年ぶりに動画で再結成しました。オリジナル曲Sunny Side of You」はこちら。そして夏に向けて、さらなる動画を仕込み中です。

🌟<BOOK> キャロル・キング著 / 松田ようこ訳『キャロル・キング自伝』をさらに極める「キャロル自伝✏️深読みこちらからどうぞ!

🌟<CD> 『風のとおりみち』おかげさまで好評です! ぜひお手にとってみてください。

❶ネットで買う➡通販サイトラクマCreema」「minne」。コードスタンプと巾着もこちらでセット販売中。

❷お店で買う➡渋谷・トイズミュージックスクール、自由が丘・アイランズカフェ(自由が丘駅正面口右手・自由が丘デパート2階)、南阿佐ヶ谷・ラストギター

❸本人から買う➡いずれの商品もライブ会場で販売。当HPへお問い合わせくだされば発送もいたします。

❹ダウンロードする➡『風のとおりみち』の収録曲は、iTunes他でダウンロード配信中です。試聴にもどうぞ。

★どのイベントでも、CD『風のとおりみち』販売しますのでお声かけください。オリジナルステッカーも差し上げます! 

★イベント、ライブ出演のご依頼はメッセージをお送り下さい。

-END-

2020/06/21 00:00

ソロウクレレ&アンサンブル動画続々up⤴️

好きな曲をソロウクレレ(インストゥルメンタル)にアレンジして演奏した動画を、YouTubeのChura424チャンネルにアップしています。ぜひご覧ください。

そして、新型コロナウイルスに翻弄される2020年。自粛、ステイホーム、ソーシャルディスタンスを守ってウイルス拡散を防ぎつつ、こんな今だからこそできること、離れている仲間と楽しめることを考えて、カタチにしました。

 #おうちでウクレレ

 

▶トイズウクレレ楽団の動画第4弾は、トイズミュージックスクール講師による「Hawai'i Aloha」動画に、リモートで参戦! 師弟の演奏による動画ができあがりました。

 

▶初代スワミ復活

今回のリモートコラボ動画のキッカケは、昨今のコロナによる#StayHome だからバーチャルでコラボ、とは少しだけ違います。2004年頃にトイズミュージックスクールで知り合ったわたしたちは、スワップミート・ガールズを結成して(名付け親は松本ノボル氏😁)ライブ活動。でも4年後に相方はつえは京都へ嫁に行き、それ以来"スワミ"の活動はお休みしていました。

でもこの春、はつえが久しぶりに連絡をくれました。そして大切なご家族をなくしてとても寂しがっていることを知り、スワミを動画で復活させてみない? と声をかけてみたのです。
喜んで応じてくれたはつえの、歌声を聴くのは12年ぶり! わたしは彼女の歌声の大ファンです。
選んだ曲は、かつて2人で歌っていたオリジナル曲のひとつ。お互いの演奏をイヤホンで聴きながら、ふたりでハモる心地よさを思い出しつつ、なんとか動画を完成させました。
こうして初代スワミ、12年ぶりの復活です。リモートだけど、心はひとつ。
アマビエ様も見守ってくれています🤣  スワップミート・ガールズ --- 松田 ようこ (Yoko Matsuda) 田岡 初江 (Hatsue Taoka)

▶2月のライブを最後に、ステージから遠ざかっているOMO YOKO、ZOOM x Facebook配信で流すために2本の動画を作成しました。

 

 

▶トイズミュージックスクールでは3月からオンラインでレッスンを行なっています。本当は生徒さんたちと同じ部屋で一緒に演奏したいのですが、今はみんな #StayHome の日々。そこで、トイズ講師陣による「ハワイ・アロハ」をバーチャルでアンサンブルしました。さすが凄腕ミュージシャンぞろいのトイズ、みなさん素晴らしいパフォーマンスです。わたしもこんな方々の中で共演できて本当に光栄。多くのみなさんにシェアしてもらいたいです。

 

▶コロナ感染防止のため、3月からはオンラインでリハーサルし、各自が自宅で練習を重ねてきたトイズウクレレ楽団。

出演予定だったイベントは次々と延期になり、練習の成果を発表する機会は遠のくばかりです。

そこで、メンバーが自宅でスマホ撮りした演奏動画を合体して、魔法の粉をふりかけたら、こんな動画が完成。

今は離れているけれど、音楽はお互いの距離を縮めます。

トイズウクレレ楽団20名のバーチャル・アンサンブルをお楽しみください。

-END-

 

2020/01/31 13:43

キャロル・キング自伝を極めたい方に。第2部まで全章解説中

初めての方はこちらから➡️「キャロル自伝✏️深読みPop Up🗯

 

目次【部ー章➡️【0-00】【1-04】【1-08】【1-13】【1-18】【1-23】【1-28】【2-01】【2-04】【2-07】【2-10】【2-132-162-202-22

下の写真から、深読みトップページ【2005年ショウタイム (0-00)】にジャンプできます。

IMG_4404.jpg

2019/08/17 09:56

ウクピク出演!ウッドストックも聞きたい📻

この週末は大忙しです‼️

8/17(土)ウクレレピクニックに出演します! 松田ようこ。17:38 芝生のステージ。応援に来てください。8/18(日)は16:50ヤシの木ステージにトイズウクレレ楽団出演。こちらもよろしく‼️

8/16-/18はウッドストック50周年、アメリカのラジオ局WXPNでは当時の時間帯のままウッドストックの模様を放送しています。ウクピクへの道すがら、WXPNにTune Inしてみよう! 

Schedule ※NY現地時間です。日本時間には➕13時間.

Thursday,August 15

5:07 p.m. — Richie Havens

7:10 p.m. — Swami Satchidanadna

7:30 p.m. — Sweetwater

8:30 p.m. — Bert Sommer

9:20 p.m. — Tim Hardin

10:20 p.m. — Ravi Shankar

11:20 p.m. — Melanie

11:55 p.m. — Arlo Guthrie

Friday,August 16

12:55 a.m. — Joan Baez

 

12:30 p.m. — Quill

1:20 p.m. — Country Joe McDonald

2 p.m. — Santana

3:30 p.m. — John B. Sebastian

4:45 p.m. — The Keef Hartley Band

6 p.m. — The Incredible String Band

7:30 p.m. — Canned Heat

9 p.m. — Mountain

10:30 p.m. — Grateful Dead

Saturday,August 17

12:30 a.m. — Creedence Clearwater Revival

2 a.m. — Janis Joplin

3:30 a.m. — Sly & The Family Stone

5 a.m. — The Who

8 a.m. — Jefferson Airplane

 

2 p.m. — Joe Cocker

6:30 p.m. — Country Joe & The Fish

8:15 p.m. — Ten Years After

10 p.m. — The Band

Sunday,August 18

12 a.m. — Johnny Winter

1:30 a.m. — Blood,Sweat & Tears

3 a.m. — Crosby,Stills,Nash & Young

6 a.m. — The Butterfield Blues Band

7:30 a.m. — Sha Na Na

9 a.m. — Jimi Hendrix