Ukes, cats and stories

2019-05-20 00:09:06

5/19 Honohono 小名浜 Kanikapila

5/19ホノホノ小名浜カニカピラ 、トイズウクレレ楽団とOMO YOKOで出演してきました。

福島県いわき市小名浜は海鮮モノが新鮮で美味しい。地元民の食堂・うろこいちで食べた中トロ鉄火丼とメヒカリの唐揚げは激ウマでした。

そして好天に恵まれ、汐風通りのポケットパークでトイズウクレレ楽団有志8人編成によるライブ。小名浜に移住して街づくりに尽力している元楽団員ヤス・ナカイさんを迎えての「フラ・ガール」も盛り上がりました。

89C7949F-EB07-40BC-AA11-7853B979C2B2.jpeg

そしてトリをOMO YOKOが務めさせていただきました。ウクレレでビートルズやポップス、ロックなど、インスト、歌モノ織り交ぜてたっぷり。観てくださった小名浜の皆様、ありがとうございました。See you again!

1. Drive My Car

2. California Dreamin'

3. Mr. Sandman

4. Hawaiian Wedding Song

5. Let It Be

6. Help

7.風のとおりみち

8. Aloha E Komo Mai

9. Stand By Me

10. Steppin' Stone

 

2019-05-19 23:51:13

5/18鵠沼ハワイアンフェスティバル

トイズウクレレ楽団、5/18は鵠沼の湘南海岸公園芝生広場にて、鵠沼ハワイアンフェスティバルのステージで演奏してきました。

海風が心地良い公園! 少し雲が多くて青空は白かったけれど、ほどよい日光の下で、今年2回目のステージです。ウッ‼️

1. Pearly Shells

2. Oye Como Va (ウッ!)

3. So Much in Love

4. Wipeout 〜 Rock a Hula Baby

-END-

2019-05-14 09:56:36

キャロル・キングDJトークライブ2回目終了 セットリスト

5/13お茶の水のWoodstock Café にて開催された「キャロル・キング自伝を訳した松田ようこDJ TALK SHOW」第2回目、おかげさまで大盛況のうちに終了しました。みなさまありがとうございます!

前回に引き続き、キャロルの音楽と人間関係と自然体な生きざまを、初心者からマニアまで分かりやすく解説するトークライブ。今回は幼少期に影響を受けた音楽から、青春の曲、デビュー・シングル、NYで作曲家として生み落とした数々のヒット、LAでシンガー・ソングライターとしての数々のヒットまで、細かなエピソードと共に紹介しました。

大音量で聴くキャロルは最高。アナログ盤の深みも堪能できたし。自分の思い出が足りない部分はイマジネーションで補いながら、どっぷりと音の世界に浸りました。

『Tapestry (つづれおり)』からキャロル・ワールドに入った人には、まだまだ彼女の名曲が、ポップスワールドの奥地に広がっていることを知って欲しいな…と願いつつ、セットリスト(作者、収録アルバム、発売年、レーベル)はこちらです。

<前半>

1. Carole King ‘Tapestry’ (King, from TAPESTRY, 1971, Ode)

2. Dinah Shore ‘Shoo Fly Pie And Apple Pan Dowdy’ (Sammy Gallop & Guy Wood, 1945, Columbia)

3. Eileen Barton ’If I Knew You Were Coming I’d’ve Baked A Cake’Al Hoffman, Bob Merrill, Clem Watts, 1950, National

4. The Penguins ‘Earth Angel’ (Curtis Williams, Jesse Belvin, Gaynel Hodge, 1954, Dootone)

5. Carole King ‘The Right Girl’ (King, 1958, ABC Paramount) 

6.Neil Sedaka ‘Oh! Carol’ (Sedaka & Greenfield, 1959, RCA Victor)

7. Carole King ‘Oh, Neil’ (Greenfield-Sedaka-Goffin, 1959,Alpine)

8. Dee Dee Sharp ‘Mashed Potato Time’ (Kal Mann, Bernie Lowe, 1962, Cameo)

9. Little Eva ‘The Loco-Motion’ (Goffin & King, 1962, Dimension)

10. Steve Lawrence ‘Go Away Little Girl’ (Goffin & King, 1962, Columbia)

11. Carole King ‘It Might As Well Rain Until September’ (Goffin & King, 1962, Dimension)

12. Little Eva ’Keep Your Hands off my Baby’ (Goffin & King, 1962, Dimension)

13. Beatles ‘Keep Your Hands Off My Baby’’ (1962 Recording) (Goffin & King, from LIVE AT THE BBC, 1994, Apple)

14. Carole King ‘He’s A Bad Boy’ Goffin & King, 1963, Dimension

<後半>

1. Carole King ‘Home Again’ 

from TAPESTRYKing, 1971, Ode) 

2. James Taylor ‘Fire and Rain’ from SWEET BABY JAMESJames Taylor, 1970, Warner Bros.

3. Carole King ‘Up on the Roof’ from LIVE AT MONTREUX (1973 Recording) (Goffin & King, 2019, Eagle Vision)

4. James Taylor ‘You’ve Got A Friend’ from MUD SLIDE SLIM AND THE BLUE HORIZON (King, 1971, Warner Bros.)

5. Carole & James ‘You’ve Got A Friend’  from THE CARNEGIE HALL CONCERT JUNE 18, 1971 (King, 1996, Epic)

6. Carole King ‘Its Too Late’ from TAPESTRYKing, Toni Stern, 1971, Ode

7. Carole King ‘Jazzman’ from WRAP AROUND JOY (King, Dave Palmer, 1974, Ode)

8. Carole King ‘High Out of Time’ from THOROUGHBREDGoffin & King, 1976, Ode

9. Carole King ‘Wasn’t Born To Follow’ from PEARLSGoffin & King, 1980, Capitol

10. 松田ようこ ウクレレ弾き語り ‘You’ve Got A Friend’ (King, 1971)

11. Carole & James ’You Can Close Your Eyes’ from LIVE AT THE TROUBADOUR (2007 Recording) (James Taylor, 2010, Hear Music)

E1978148-1295-46C5-8839-FD4A0553CD6F.jpeg

 -END-

2019-05-12 10:54:46

5/11東京ヤマソン ゴール🏃‍♀️ライブ

山手線を自分の足で一周する東京ヤマソン、ゴール地点の東京TOKIAビルで、ウエルカムライブみたいなことをやってきました。

次々と帰還するランナーたちを迎えるボランティアさんたち、その声援にかき消されながら、ウクレレライブを敢行💦 私も学生時代に山手線一周したことあったな、足の付け根がちぎれそうでした。そのときの痛みを考えると、ライブを聴くどころではないと思う。

それでも現場はお祭り騒ぎ。私たちは、エリさん、名古屋からYeh☆'ieのみほさん、のりこさん、仕掛け人のケンさんというメンバーで、ゴール記念の撮影も🤣 (写真右からみほさん、のりこさん、ケンさん、エリさん、私)

【セットリスト】

1. Daydream Believer

2. Mr. Sandman

3. Autumn Song

4. Inst Medley : Love Love Love / Love Of My Life

5. Bohemian Rhapsody

6. 風のとおりみち

7. Time After Time

4407CA4B-2C00-4F77-8AE8-86E446A694FE.jpeg

-END-

2019-05-07 07:47:06

2019トイズウクレレ楽団始動

今年1月から新メンバーを加え、新曲も練習してきたトイズウクレレ楽団、5/4の湘南フラガーデンが今年初のステージでした。新曲は、先月リンゴがオールスターバンドでも演奏した、サンタナの「オエコモバ」です。ラストはみんなて「ウッ‼️」

湘南フラガーデンはお天気にも恵まれて、フラを眺めながら芝生でビールや佐世保バーガーいただきながらゴロゴロ…そしてLeiwa Tシャツも購入〜。今年もカネオヘグーッドガイズのステージあり、満喫してきました。

次回ステージは5/18(土)鵠沼ハワイアンフェスティバルです。

 

[セットリスト]

◆メインステージ

Pearly Shells

Oye Como Va

Wipeout〜Rock a Hula Baby

 

◆森のプロムナードステージ

Hula Girl

Ob-La-Di,Ob-La-Da

In the Mood

So Much in Love

恋のバカンス

Wipeout〜Rock a Hula Baby

-END-