Ukes, cats and stories

2019-01-29 13:25:41

1/28 E-Jam presents オープンマイク@ジェミニシアター

1/29(月)は二子玉川ジェミニシアターで行われたE-JAM presentsのオープンマイクに参加してきました。

特に司会進行も仕切り屋さんもいない中で(主催者は島田 文男さん)、時間が来たらスケジュールどおりに出演者がステージに上がって演奏する、という淡々とした企画ですが、今回もいろんな出演者さんたちがいて、いろんなことを考えながら最後まで楽しんできました。写真載せさせていただきます。

ジェミニシアターは音響も照明もしっかりしていて、ステージでライトを浴びると客席は真っ暗。だからステージではアーティストの顔になりやすいのね。ステージではとっくきにくくても、降りて話をしてみると印象が変わるなんていうこともあって、それはそれで楽しみです。

私は、手探りで客席の居場所を感じながら3曲演奏してきました。今が旬のクイーンはウクレレ初挑戦、息も止まりそうだった💦。

・Autumn Song (オリジナル)

・風のとおりみち (オリジナル)

・ボヘミアン・ラプソディー 弾き語り

Photo by Co.

-END-

 

2019-01-21 13:09:20

ビートルズからつながる人々

ありがたいことに洋楽系翻訳家・音楽ライターとして細々と仕事をいただくなかで、ここ数年はほとんどの時間をビートルズ案件に費やしています。

先日は、音楽誌の取材で杉真理さん、難波弘之さん、パウロ鈴木。さんにお会いする機会があり、案件はどれもホワイト・アルバム50周年盤。

尊敬するアーティストの方々にお会いすることはもちろん、彼らのビートルズ論に引き込まれ、いかにこのネタを読み物としてまとめて、分かりやすく読者に伝えられるかを画策することが、ここ最近は特に面白くて仕方がない。テープおこしした文章を分類して再構築、事実関係の裏どり…特に今回はミュージシャン視点の内容なのでギターや鍵盤を引っ張り出して色々弾いてみて…そしてようやく原稿に着手。 以前ならある程度流れ作業でしていたことも、最近は記憶メモリの劣化により一から調べ上げないと不安なので、その作業に没頭しているときは時間が経つのを忘れます。

好きなウクレレばっかり弾いていると、外の情報を取り入れる機会をなくしがちなので、こういうお仕事は大事にします! 2019年もよろしくお願いします。

テープおこしだけは苦痛ですが😅。有能AIにやらせてもきっと自分でやり直すだろうから、仕方なし。

<MUSIC LIFE ザ・ビートルズ・ホワイト・アルバム・エディション>

-END-

2019-01-08 15:47:52

2019/1/7 ウクレレエイド歌い初め

2019年の幕開けはウクレレエイドから。2/2ライブでスワップミート・ガールズ復活のため、スワミ時代のS&Gカバー曲、そしておなじみビートルズを。きやんのさんにベース、竹之内ヒロさんにウクレレで参加いただきました。

1. 59th Street Bridge Song 〜 Mrs. Robinson (Simon & Garfunkle)

2. Drive My Car (Beatles)

3. Here Comes the Sun (Beatles)

-END-

2018-12-21 15:13:21

2018/12/20 OMO YOKO @彦六

2018/12/20 OMO YOKO、年内最後のライブ@大陸バー・彦六、終了しました!

ポンコツでしたが何か?🤣

0B1AA55A-B742-4EE8-99F3-E3E2D6DE4BD0.jpeg

おなじみの皆様、久しぶりの皆様に支えられて2018年の瀬ライブ、乗り切りました。

心より感謝申し上げます。

OMO YOKO(おもたにせいじ、松田ようこ)

セットリスト

1. One After 909

2. Let it Be inst

3. Hapa Haole Hula Girl

4. Silent Night ~ Santa Claus is Coming to Town

5. Hawaiian Wedding Song inst

6. Drive My Car

(中山よしおベースマン参加)

7. Love's Theme inst

8. Mr.Sandman

9. California Dreamin inst

10. 風のとおりみち

11. Steppin' Stone

12. Help inst

(アンコール)

13. Anything Goes

14. Happy Xmas Lyrics

D295D5F4-E107-4B4C-9429-3999C230A816.jpeg

-END-

2018-12-16 18:01:26

トイズウクレレ楽団10周年コンサート終了! ゲスト・Rioくんにも感謝

12/15、横浜サムズアップにてトイズウクレレ楽団10周年記念コンサートが大盛況の中、終了しました。

100人を超えるお客様で場内は満席状態。元楽団員のみなさんも駆けつけてくださり、この10年間積み上げてきたレパートリーを披露しました。

1. Pearly Shells (2018年から練習)

2. Hula Girl (2009〜)

3. Kokomo (2011〜)

4.Ob-la-di, Ob-la-da (2018〜)

5.Brazil featuriong RIO (2016〜)

6. Guava Jam (2018〜)

7. Take 5 (2017〜)

8. くるみ割り人形 (2015〜)

9. So Much in Love (2015〜)

10. 恋のバカンス (2014〜)

11. Wipeout (2016〜)

12. Rock a Hula Baby (2010〜)

13. Happy Xmas (2018〜)

そして、

ゲストには今や世界で活躍する17歳のウクレレ奏者・Rio。Rioくんは小学生の頃から知っていますが、そんな彼がキャロル・キングの「Tapestry」を演奏してくれたときは感動でした。ソロウクレレのアレンジはプレイヤーの力量で決まりますが、彼のアレンジには優しさと強さがあります。ひとつひとつ丁寧に糸を織り込んでいく「つづれ織り」のように、弦1本1本の音色が重なり合って、美しい音楽を奏でてくれました。

OMO YOKOも、えみよしと一緒に演奏。

1. Steppin' Stone (Monkees)

2. Mr. Sandman (Chordettes)

3. Daydream Believer (Monkees)

4. Stand By Me (Ben E. King)

個人的には、楽団の演奏&指揮に加えてMC進行やOMO YOKOステージなど、やることがいっぱいでしたが、なんとか乗り切った! 

打ち上げのビールは最高の味でした! みんなありがとう!

IMG_3038.jpg