『キャロル自伝』深読み Pop-Up 🗯【2-22〜】

 〜 日々追記中 〜

IMG_4417.jpg

キャロル・キング自伝:ナチュラル・ウーマン(河出書房新社サイトへ)

0-00】【1-04】【1-08】【1-13】【1-18】【1-23】【1-28】【2-01】【2-04】【2-07】【2-10】【2-13】【2-16】【2-20】【2-22

【第2部 第22章 分岐点(自伝p292)】

●デヴィッド・T・ウォーカー / David T. Walker

キャロルと同じOde Recordsのレーベル・メイトだったデヴィッド・T。キャロルの夫チャールズ・ラーキーは、デヴィッド・Tのバンドのベーシストであり、キャロルは自身のアルバム『Fantasy』のレコーディングでデヴィッド・T・バンドの全面的協力を得ると同時に、彼のアルバム『Press On』(1973)のレコーディングにも参加した(「Didn't I Blow Your Mind This Time」「I Who Have Nothing」「If That's The Way You Feel」の3曲でキーボードを演奏)。デヴィッド・Tのバンド・メンバーは、デヴィッド・T・ウォーカー(David T. Walker, g), クラレンス・マクドナルド(Clarence McDonal, kb), ハーヴィー・メイソン(Harvey Mason, dr), チャールズ・ラーキー(Charles Larkey, b), ボビー・ホール(Ms. Bobbye Hall, per), さらにホーンセクションには、トム・スコット(Tom Scott, sax), マイク・アルチュル(Mike Altschul, sax), ジョージ・ボハノン(George Bohanon, trombone & euphonium), ディック・ハイド(Dick Hyde, trombone), オスカー・ブラッシャー(Oscar Brashear, trumpet), ジーン・ゴー (Gene Goe, trumpet & flugel horn)。

presson.jpg『Press On』ではキャロル作「Brother, Brother」をカバーしている。

● ファンタジー・ツアー

ツアーは1973年5月からスタート、7月15日にはモントルー・ジャズ・フェスティバル(Montreux Jazz Festival)にも出演した。DVD『ライヴ・アットモントルー1973』に様子が収録されている。

71sr0eTTm6L._SY445_.jpg

●セントラル・パーク フリー・コンサート

1973年5月26日、曇り空のなかセントラル・パークの野外劇場、Delacorte Theaterにて10万人を動員。オープニング・アクトをDavid T. Bandが務め、キャロルのステージでもそのままバックバンドを務めた。

  

Carole King FBより。

●Carole King『ラヴ・メイクス・ザ・ワールド / Love Makes The World』(2001/9/25, Rockingale Records)

220px-LoveMakestheWorld-Cover.jpg

ミュージシャン:Carole King (Piano, Vo, Vocal & String Arrangement), Kenny "Babyface" Edmonds (Key, Vo, Vocal Arrangement, G, dr, Programming), David Foster (Piano, Key), Randy Waldman (Key, Programming), Paul Brady (Piano, Electric Piano, Vo, Vocal Arrangement), C.J. Vanston (Piano, Programming, Track Arrangement), Steve Hamilton, Dean Parks (Acoustic G & Electric G), Gary Burr (Acoustic G, Vo, Vocal Arrangement), Michael Landau, Rudy Guess (G, Electric G), Rusty Anderson, Paul Jackson, Jr. (Electric G), Greg Wells (G, Dr), Charlie Larkey (Acoustic B, B), Nathan East, Armand Sabal-Lecco (B), Russ Kunkel (dr), Michael Fisher, Duke Mushroom (Per), David Boruff (Sax), Jim Thatcher (French Horn), Barbara Northcutt (Oboe), David Shostac (Flute), Endre Granat, Julie Ann Gigante, Jacqueline Brand, Miran Kojian, Rafael Rishik, Amy Hershberger (Violin), Brian Dembow, David Walther (Viola), John Walz, Armen Ksajikian (Cello), Dan Woods (Vo), Simon Franglen, Dave Schommer, Lester Mendez (Programming), Michael McCoy (Drum Programming), Wynton Marsalis (Trumpet on "I Wasn't Gonna Fallin' Love"), Celine Dion (Vo on "The Reason"), k.d. lang (Vo on "An Uncommon Love"), Steven Tyler (Vo on "Monday Without You"), Mark Hudson (Vo, Vocal Arrangement).

収録曲:「Love Makes the World」 (Sam Hollander, Carole King, Dave Schommer作)「You Can Do Anything」(Babyface, King, Carole Bayer Sager)「The Reason」 (Mark Hudson, King, Greg Wells) 「I Wasn't Gonna Fall in Love」 (King, Sager) 「I Don't Know」 (Paul Brady, Gary Burr, Hudson, King) 「Oh No, Not My Baby」(Gerry Goffin, King)「It Could Have Been Anyone」(David Foster, King, Sager) 「Monday Without You」(Brady, Hudson, King) 「An Uncommon Love」(Rob Hyman, King, Rich Wayland) 「You Will Find Me There」(Joel Campbell, King) 「Safe Again」(King) 「This Time」(King)

●『赤い風船 / Le Ballon Rouge』

1956年フランス映画。 アルベール・ラモリス監督、第29回(1956年)アカデミー賞脚本賞、第9回(1956年)カンヌ国際映画祭短編パルム・ドール受賞。

●エンシナル・ビーチ / Encinal Beach

キャロルがチャーリーとの離婚後に引っ越した先は、カリフォルニア州マリブ(Malibu)、Encinal Beach近くの家だった。海岸線を走るPacific Coast HighwayにはEncinal Beachほか多数のビーチがあり、数多くの芸能人が住んでいた。

 

●チーチ&チョン / Cheech & Chong

1970〜80年代に人気を博した、リチャード・チーチ・マリン(Richard "Cheech" Marin)とトミー・チョン(Tommy Chong)によるコメディ・デュオ。ヒッピーやドラッグ文化をネタにしていた。1974年のネタ「Earache My Eye」(若者が朝起きて”Alice Bowie”というロッカーの曲を聴いていると、父親が学校に行け!と怒鳴るコント)は音楽がシングル発売され全米トップ10ヒットとなった。プロデューサーはルー・アドラー。娘のレイ・ドーン(Rae Dawn Chong, 1961年生まれ)は、1981年映画『人類創世(Quest for Fire)』のIka役で注目を集めた女優、その妹ロビー・チョン(Robbi Chong, 1965年生まれ)もまた女優&元モデルである。

●ニール・ヤング / Neil Young

カナダからLAに移住してきたシンガー・ソングライター。ソロとして活動しながら、スティーブン・スティルス(Stephen Stills)らとBuffalo Springfieldを結成、1969-1970年にはDavid Crosby, Stills, Graham Nashと共にCrosby, Stills, Nash & Youngで活動した。この時期(1974〜75年)はCSNYとして再びツアーを行い、ソロ・アルバム『On the Beach』(1974)、『Zuma』(1975)等を制作している。彼が住んでいたブロード・ビーチ(Broad Beach)もPacific Coast Highway沿いで、Zuma Beachからほんの数キロ北だった。

●J・D・サウザー / J.D.Souther

シンガー・ソングライターとして活動しながら1960年代後半にテキサスからLAへ移住、イーグルス(Eagles)のグレン・フライ(Glenn Frey)と知り合い、曲を一緒に作るようになる。J・D・サウザーが、イーグルスのドン・ヘンリー(Don Henley)とグレン・フライと共作した「Best of My Love / 我が愛の至上」は、イーグルスの1974年アルバム『オン・ザ・ボーダー / On the Border』に収録され、1975年3月、イーグルスにとって初の全米1位をもたらした。その後数多くのヒット曲を生み出している。また、当時恋人だったリンダ・ロンシュタット(Linda Ronstadt)の1974年アルバム『Heart Like A Wheel』に収録された「Faithless Love」(J.D. Souther作)では、J.D.Southerのギターとハーモニーが聴ける。※キャロルとJ.D.もまた一時期親密な仲にあったという。(『Girls Like Us: Carole King, Joni Mitchell, Carly Simon--And the Journey of a Generation』Sheila Weller著より)

Back Next→