『キャロル自伝』深読み Pop-Up 🗯【2-20〜】

 〜 日々追記中 〜

IMG_4417.jpg

キャロル・キング自伝:ナチュラル・ウーマン(河出書房新社サイトへ)

0-00】【1-04】【1-08】【1-13】【1-18】【1-23】【1-28】【2-01】【2-04】【2-07】【2-10】【2-132-162-202-22

【第2部 第20章 さらなる家族の形(自伝p282)】

●全英ツアー 1971年7月にJames Taylor / Carole King / Jo Mamaのセットで英国ツアー。また、英BBCの番組『In Concert』にも出演した(1971年4月27日収録)。これにより、Carole KingとJo Mamaを加えたJames Taylorのバンドは、初めてBBCで演奏を披露した米国のロック・バンドとなる(英ミュージシャンズ・ユニオンの規制により、それまでアメリカからはソロかデュオのアーティストしか出演できなかった)。

ckovertimeより「Way Over Yonder」featuring Abigail Haness, TheCaroleKingより「Natural Woman」。いずれもBBC『In Concert』収録映像。

 

●アピアン・ウェイ / Appian Way

キャロルとチャーリーの新居があるAppian Wayは、前の家からも近く、Laurel Canyonの中心を通るLookout Mountain Avenueが南に迂回した先にある。※地図は、Appian Way沿いにあるゲストハウス「Casa Appian」をマークしてあります。

●モリー・ノラ・ラーキー / Molly Nora Larkey

1971年12月31日誕生。当時としては珍しく、自宅にて自然分娩。親友のStephanieとJohn Fischbachも見守った。オールドファッションな名前を好んだキャロルとチャーリーによってMolly と命名。

●リーヴァイ・ベンジャミン・ラーキー / Levi Benjamin Larkey

1974年4月23日誕生。

※長男リーヴァイが誕生した翌月1974年5月、米ロック・バンドのグランド・ファンク・レイルロード(Grand Funk Railroad)がゴフィン&キング作「ロコモーション」をカバーして全米1位に輝いた。プロデューサーはトッド・ラングレン(Todd Rundgren)。

●『喜びにつつまれて / Wrap Around Joy』(1974/8/22発売, 全米1位、Ode Records)

Wrap_around_joy.jpg 詳細はページ下へ。

全曲、Carole King作曲 & Dave Palmer作詞。Dave Palmerは、NY時代にキャロルと元夫ジェリーがプロデュースしていたバンド、Myddle Classのボーカリストで、初期Steely Danのボーカリストも務めた。

「ジャズマン / Jazzman」(Carole King & Dave Palmer, 全米1位)の ”Jazzman”とは、『Tapestry』の「It's Too Late」「So Far Away」「Way Over Yonder」でサックス、フルートを担当した名セッション・ミュージシャン、カーティス・エイミー(Curtis Amy)を指している。

●トム・スコット / Tom Scott  LA出身のサックス奏者。1970年代にはJoe SampleやLarry Carltonを輩出したL.A. Expressをバックに従え、Joni Mitchellの『Court and Sparks』等に参加、またポール・マッカートニー&ウイングスの大ヒット曲「あの娘におせっかい / Listen to What the Man Said」のサックスもスコットによるものだ。Blues Brothersの初期メンバーとしても活躍した。

【第2部 第21章 マミーとグラミー(自伝p288)】

●グラミー賞 / 14th Annual Grammy Awards

1972年3月14日に授賞式が行われた「第14回グラミー賞(1971年度)」でキャロルは4部門(★)を受賞。その他の主な受賞者一覧。

★最優秀レコード(Record of the Year):シングル「It's Too Late」(受賞対象は、アーティスト:Carole King、プロデューサー:Lou Adler)

★最優秀アルバム(Album of the Year):アルバム『Tapestry』(アーティスト:Carole King、プロデューサー:Lou Adler)

★最優秀楽曲(Song of the Year) :「You've Got A Friend」(アーティスト:Carole King、作者:Carole King)

最優秀新人(Best New Artist):Carly Simon

★最優秀ポップ・ボーカル, 女性(Best Pop Vocal Performance, Female):Carole King (アルバム『Tapestry』)

最優秀ポップ・ボーカル, 男性(Best Pop Vocal Performance, Male) :James Taylor (シングル「You've Got A Friend」)※作者はご存知のとおりキャロル。

最優秀ポップ・ボーカル, デュオ/グループ(Best Pop Vocal Performance by a Duo or Group):Carpenters (アルバム『Carpenters』)※カーペンターズは同時期にキャロルの隣のスタジオでレコーディングしていた。

最優秀ポップ・インストゥルメンタル (Best Pop Instrumental Performance) : Quincy Jones (アルバム『Smackwater Jack』)※Goffin & King作の曲をタイトルに冠したアルバムで、「Ironside」などテレビ番組のテーマ曲が大ヒットした。

最優秀R&Bボーカル、女性(Best R&B Vocal Performance, Female):Aretha Franklin シングル「Bridge Over A Troubled Water」)※アレサはGoffin & King作「A Natural Woman」を最初にヒットさせた人。ベスト盤の中でサイモン&ガーファンクルの曲を新たにカバーして評価された。

 Carole King FBより。

●『ミュージック / Music』(1971/12, 全米1位, Ode) 

220px-Ckmus.jpg

ミュージシャン:Carole King (vo, piano, electric celeste), Ralph Schuckett (organ, electric piano, electric celeste), Danny "Kootch" Kortchmar (acoustic & electric g, backing vo), James Taylor (acoustic g, backing vo), Charles Larkey (electric & acoustic b), Joel O'Brien (dr), Russ Kunkel (dr), Ms. Bobbye Hall (congas, bongos, tambourine), Teresa Calderon (congas), Curtis Amy (tenor sax, flute), Oscar Brashear (flugelhorn), William Green (woodwind, flute, sax), William Collette (woodwind, flute, sax), Ernest Watts (woodwind, flute, sax), Plas Johnson (woodwind, flute, sax), Mike Altschul (woodwind, flute, sax), Abigale Haness (backing vo), Merry Clayton (backing vo), Produced by Lou Adler

収録曲:「Brother, Brother」(Carole King作),「It's Going to Take Some Time」(King, Toni Stern) ,「Sweet Seasons」(King, Stern, 全米9位) ,「Some Kind of Wonderful」(King, Gerry Goffin) ,「Surely」(Carole King), 「Carry Your Load」(Carole King), 「Music」(Carole King),「Song of Long Ago」(Carole King),「Brighter」(Carole King),「Growing Away from Me」(Carole King),「Too Much Rain」(King, Stern) ,「Back to California」(Carole King)

・収録曲の、他アーティストによるオリジナル・レコーディングや他アーティストによる主なカバー。

「It's Going to Take Some Time / 小さな愛の願い」The Carpenters (1972, 全米12位)

「Some Kind of Wonderful」The Drifters (1961, オリジナル・レコーディング, 全米32位), Marvin Gaye (1968)

・キャロル・キング「Sweet Seasons」のシングルジャケット。同曲はアダルト・コンテンポラリーのチャートでも全米2位を記録し、ヨーロッパでもヒットした。

Sweet_Seasons_-_Carole_King.jpg

●『喜びは悲しみの後に / Rhymes and Reasons』 (1972/10, 全米2位, Ode)

220px-CKRhymes.jpg

ミュージシャン:Carole King(vo, piano, kb), Charles Larkey (bass), Harvey Mason (dr, vibraphone), Bobbye Hall (perc), Daniel Kortchmar (g), David T. Walker (g), Red Rhodes (steel guitar), Harry "Sweets" Edison (flugelhorn, trumpet), Robert "Bobby" Bryant (flugelhorn, trumpet), George Bohanon (trombone), Ernie Watts (flute), ストリングス指揮&編曲 David Campbell and Norman Kurban, David Campbell (viola) , Carole S. Mukogawa (viola), Terry King (cellos), Nathaniel Rosen (cellos), Charles Larkey (string bass), Barry Socher (violin), Eliot Chapo (同), Marcy E. Dicterow (同), Gorden H. Marron (同), Sheldon Sanov  (同), Polly Sweeney (同)

※同じOde Recordsのアーティスト、ギタリストのデヴィッド・T・ウォーカーが初めて参加したアルバム。

収録曲:Come Down Easy」「My My She Cries」(Carole King, Toni Stern作)「Peace in the Valley」(Carole, Stern作)「Feeling Sad Tonight」」(Carole, Stern作)「The First Day in August」(Carole King, Charles Larkey)「Bitter with the Sweet / 喜びは悲しみの後に」(Carole King)「Goodbye Don't Mean I'm Gone / さよならはしても」(Carole King)「Stand Behind Me」(Carole King)「Gotta Get Through Another Day / 灰色の日々」(Carole King)「I Think I Can Hear You」(Carole King)「Ferguson Road」(Goffin & King)「Been To Canaan / なつかしきカナン」(Carole King作, 全米24位)

●『ファンタジー / Fantasy』(1973/6, 全米6位, Ode)

220px-Carole_King_Fantasy_Cover.jpg

ミュージシャン:Carole King (vo, piano), David T. Walker (g), Charles Larkey (b), Susan Ranney (b), Harvey Mason, Sr. (dr), Bobbye Hall (perc), Eddie Kendricks (backing vo), Tom Scott (sax), Curtis Amy (sax), Ernie Watts (sax), Mike Altschul (sax), Chuck Findley (trumpet), Ollie Mitchell (trumpet), Al Aarons  (trumpet), Charles Loper (trombone), George Bohanon (trombone), Richard Hyde (trombone), Ken Yerke (violin), Barry Socher (violin), Sheldon Sanov (violin), Haim Shtrum (violin), Kathleen Lenski (violin), Miwako Watanabe (violin), Glen Dicterow (violin), Polly Sweeney  (violin), Robert Lipsett  (violin), Gordon Marron Strings (violin), Denyse Buffum (viola), David Campbell (viola), Alan DeVeritch (viola), Ronald Folsom (viola), Jeffrey Solow (cello), Judith Perett (cello)

収録曲:「Fantasy Beginning」「You've Been Around Too Long / 道」「Being at War With Each Other / 愛」「Directions」「That's How Things Go Down / 愛の日々をもう一度」「Weekdays」「Haywood」「A Quiet Place to Live」「Welfare Symphony / 悲しみのシンフォニー」「You Light Up My Life」「Corazón」「Believe in Humanity」「Fantasy End」(全曲Carole King作)

●『喜びにつつまれて / Wrap Around Joy』(1974/8, 全米1位, Ode)

Wrap_around_joy.jpg

ミュージシャン:Carole King (piano, vo), Tom Scott (sax), Susan Ranney (b), Louise Goffin (background vo), Mike Altschul (horn), George Bohanon (trombone), Mari Tsumura (violin), Denyse Buffum (viola), Thomas Buffum (violin), David Campbell (viola), Gene Coe (horn), Maurice Dicterow (violin), Richard Feves (b), Chuck Findley (trumpet), Frederick Seykora (cello), Sherry Goffin (background vo), Abigale Haness (background vo), Jim Horn (sax), Richard Hyde (trombone), Danny "Kootch" Kortchmar (g, vo), Charles Larkey (b), Gordon Marron Strings (violin), Dan Neufeld (viola), Andy Newmark (dr), Dean Parks (g), Paul Polivinick (viola), Jay Rosen (violin), Sheldon Sanov (violin(, Haim Shtrum (violin), Jeff Solow (cello), Lya Stern (violin), Polly Sweeney ( violin), Ernie Watts (horn), Richard Kaufman (violin), Nina Deveritch (cello), Bobby Dubow (violin), Gottfried Hoogeveen (cello), Dan Newfeld (viola), Fred Jackson, Jr. (horn)

 収録曲:「Nightingale」(全米9位, 娘のLouiseとSherryがコーラス参加),「Change In Mind, Change Of Heart」「Jazzman」(全米2位, サックス・ソロはTom Scott、Jazmannとは「It's Too Late」「So Far Away」「Way Over Yonder」でサックスとフルートを担当した名セッション・ミュージシャン、Curti Amyのことを歌っている), 「You Go Your Way, I'll Go Mine / アイル・ゴー・マイン」「You're Something New」「We Are All In This Together / 世界はひとつに」「Wrap Around Joy」「You Gentle Me」「My Lovin' Eyes」「Sweet Adonis」「A Night This Side Of Dying」「The Best Is Yet To Come / いつか良き日が」(全曲、Carole King作曲 & Dave Palmer作詞)。

●『おしゃまなロージー / Really Rosie』(1975/2, Ode) ※第1部21章参照

ReallyRosie.jpg

ミュージシャン:Carole King (vo, piano), Charles Larkey (b), Andy Newmark (dr), Louise Goffin (backing vo) , Sherry Goffin (backing vo). 

収録曲:「Really Rosie / おしゃまなロージー」「One Was Johnny / ジョニーのかぞえうた」「Alligators All Around / ワニさんがいっぱい」「Pierre / いじっぱりピエール」「Screaming and Yelling / ロージーの魔法」「The Ballad of Chicken Soup / チキン・スープのバラード」「Chicken Soup with Rice / ライス入りチキン・スープ」「Avenue P / 夢のP通り」「My Simple Humble Neighborhood / ロージーのお隣さん」「The Awful Truth / 女優ロージー」「Such Sufferin' / 人生って頭痛ね」「Really Rosie (Reprise) / おしゃまなロージー(リプライズ)」

●『サラブレッド / Thoroughbred』(1976/1, Ode)

Thoroughbred_Carole_King.jpg

ミュージシャン:Carole King (piano, vo), Danny "Kootch" Kortchmar (g, vo), Russ Kunkel (dr), Ralph MacDonald (perc), David Crosby (background vo), Graham Nash (background vo), Tom Scott (sax), Leland Sklar (b), J.D. Souther (background vo), James Taylor (g, background vo), Waddy Wachtel (g)

収録曲:「So Many Ways」(Carole King作), 「Daughter of Light」(Goffin & King) ,「High Out of Time / 遠い思い出」(Goffin, King) ,「Only Love is Real」(Carole King作, 全米28位, David CrosbyとGraham Nash参加),「There's a Space Between Us / 愛は思いやり」(Carole King),「I'd Like to Know You Better / 気が合う二人」(Carole King),「We All Have to Be Alone / 人生は独りぼっち」 (Goffin &King), 「Ambrosia / アムブロジアの丘」(King, Dave Palmer), 「Still Here Thinking of You」(Goffin &King) ,「It's Gonna Work Out Fine / ワーク・アウト・ファイン」(Carole King)  

 

←Back Next→