Carole King Day By Day Monthly(2月〜更新中)

キャロル・キングってだれ?

【Carole King: Day By Day ーFebruaryー】

キャロルの誕生日(1942/2/9)がある2月は始まりの月。そして作曲家パートナーだった元夫ジェリー・ゴフィンの誕生日(1939/2/11)、ゴフィン&キング作ドリフターズ「Some Kind of Wonderful」発売(1961/2)、同「Up on the Roof」発売(1963/2)、キャロルも参加したジェイムス・テイラーの米デビュー・アルバム『Sweet Baby James』発売(1970/2)、キャロルの大ヒットアルバム『Tapestry』発売(1971/2/10)、同『Really Rosie』発売(1975/2)、グラミー生涯功労賞受賞(2012/2)、ミュージカル『Beautiful』ロンドン上演開始(2015/2)、『Beautiful』がグラミー最優秀ミュージカルシアター・アルバム受賞(2015/2)、そして弟リチャードが死去・享年66歳でした(2015/2/25)。

そして『キャロル・キング自伝』日本版が2013年2月に刊行。

 

 【Carole King: Day By Day ーMarchー】

3月は、キャロルの人生の転機となった月。17歳のとき、セカンド・シングル「Baby Sittin’ / Under the Stars」をリリースし、のちに夫となるジェリー・ゴフィンと初めて共作した「Kid Brother」がMickey & Kittyによってレコーディングされたのが1959年3月。ふたりの長女ルイーズ・ゴフィンと次女シェリー・ゴフィンを出産したのは1960/3/23と1963/3/3。1968年3月にはジェリーと別れ、NYからLAのローレル・キャニオンに移住し、初のソロ・アルバム『Writer』をレコーディング。キャロルの金字塔『Tapestry』がグラミーで4部門受賞したのは1972/3/14のことだった。2人目の夫リック・エバースがドラッグで死亡したのは1978/3/21。

1990/3/7-10には待望の初来日公演を行い、同じく来日していたポール・マッカートニーと日本で再会している(自伝p440)。

 

 【Carole King: Day By Day ーAprilー】

4月は、キャロルにとって目覚めの月。13歳だった1955年4月、アラン・フリード主催の「Easter Jubilee」公演を地元ブルックリンのパラマウント劇場に観に行き、ロックに目覚めます。それから7年後、作曲家となったキャロルが作った「Don’t Ever Change」「Sharing You」が海を渡って英リバプールに届き、まだ無名のビートルズがライブでカバー(1962年4月)。1971年4月には『Tapestry』からのちに全米1位となる「It’s Too Late」がシングル・カットされました。また私生活ではジェリーと別れたのち1968年4月にベーシストのチャーリーと再会し、1974年4月23日には2人にとって第2子となる長男を出産します。 

1994年4月には役者として初のブロードウェイの舞台に立ち、1998年4月14日にはNYでアレサ、セリーヌ、グロリア、マライアらと共にコンサート「Divas Live」に出演。2010年にはジェイムス・テイラーとの「Troubadour Reunion」ツアーのため来日し、4/14,16日本武道館、4/17パシフィコ横浜で公演。そして、キャロルが10年かけて執筆した『キャロル・キング自伝 ナチュラル・ウーマン』が2012年4月10日に米発売され、ベストセラーに!

 

 【Carole King: Day By Day ーMayー】

5月は、キャロルの才能が認められた月。16歳だったキャロルが自らレコード会社に売り込み、自作曲「The Right Girl」(B面 Goin’ Wild, ABCParamount 45-9921)でシングル・デビューしたのは1958年5月。ヒットはしなかったけれど、これが事実上”シンガー・ソングライター” としてのデビューとなるのです。それから12年の間には、夫ジェリー・ゴフィンと作曲チームを組んで数々のヒット曲を生むも、ビートルズら英国勢の人気に押されて低迷し、ドラッグに溺れる夫と離婚、など人生の起伏がありましたが、1970年5月にはファースト・アルバム『Writer』を発売、正真正銘のシンガー・ソングライターとして世に出ます。同アルバムに収録された「Up On the Roof」はキャロルの盟友ジェイムス・テイラーのライブ定番曲となり(1979年5月にはジェイムスがシングル・カット)、またキャロルのセカンド・アルバム『Tapestry』に収録された「君の友だち」は、ジェイムスがカバーして1971年5月にシングル発売、全米1位の大ヒットになっています。もうひとつ、1974年5月には、ロック・バンドのグランド・ファンク・レイルロードが「ロコモーション」をカバーして見事全米1位に。

2010年5月7日からは、ジェイムス・テイラーとのTroubadour Reunion全米ツアー開始。その後も、2012 年5月15日にはBMIアイコン賞受賞、2013年5月21日にはGershwin賞受賞と、キャロルの功績はレジェンドとして讃えられています。

 

 【Carole King: Day By Day ーJuneー】

6月は、キャロルにツキが回ってくる月です。全米1位に輝いたリトル・エヴァの「ロコモーション」は1962年6月8日発売。全米3位 になったモンキーズの「Pleasant Valley Sunday」は1967年6月10〜11日にレコーディング 。ビートルズが英BBC番組『Pop Go The Beatles』で「チェインズ」を演奏 したのは1963年6月25日でした。また1970年6月には、ジェイムズ・テイラーのツアーにピアニストとして同行していたキャロルが、本番直前にソロで歌うように言われ、ソロ歌手としての自信を獲得。翌年6月18日にはNYカーネギーホールでソロ・コンサートが実現し、翌日付けの全米チャートでは『Tapestry』が全米1位、その後15週間1位を維持するのです。2014年6月8日にはキャロルの自伝ミュージカル『ビューティフル』がトニー賞で2部門受賞。そして2014年6月19日、最初の夫で、共に数々のヒット曲を生み出した作曲パートナーのジェリー・ゴフィンが死去、75歳でした。

 

 【Carole King: Day By Day ーJulyー】

7月は、キャロルの音楽が人々のもとに届く月。作曲家として活動していた60年代、珍しく自分で歌ったシングル「It Might As Well Rain Until September」が1962年7月発売、アール=ジーンが歌った「I’m Into Something Good」は1964年7月に全米ヒット圏内に突入、同じく7月にはハーマンズ・ハーミッツが「I’m Into Something Good(朝からゴキゲン)」を録音し、全英で大ヒットさせています。1967年7月にはモンキーズの歌った「Pleasant Valley Sunday」が発売され、1971年7月にはジェイムス・テイラーが歌った「You've Got A Friend(君のともだち)」が全米1位に。どれも、キャロルが作曲しています。

1973年7月15日にはモントルー・ジャズ・フェスティバルに出演(DVD発売中)、2004年7月にはリヴィング・ルーム・ツアーを開始し足かけ4年かけて全米・豪・日本を回り(DVD発売中)、2016年7月3日には英ハイド・パークに6万5000人動員して『Tapestry』全曲演奏コンサートを開催(DVD発売中)、2017年7月〜8月にはキャロルの自伝ミュージカル『Beautiful』が日本キャストで帝国劇場で上演されました。

 

【Carole King: Day By Day ーAugustー】

8月は、キャロルの思いが実る月。1959年8月30日、17歳のキャロルは大学で出会い一目惚れしたジェリー・ゴフィンと結婚します(ちなみにこれが人生4回の結婚のうち1回目)。ジェリーとキャロルは作曲パートナーとなり、「ゴフィン&キング」の名で60年代にヒット曲を連発。そんなゴフィン&キングを目標にしていたビートルズが、全米ツアーのためNYを訪れ、キャロルとWarwick Hotelで対面したのは1965年8月のことでした。また8月はコンサートの月。『Tapestry』が全米1位の座に居座っていた1971年8月19日にはLAのGreek Theaterでバリー・マンをゲストに迎えてコンサート、そして1977年はシンプル・シングス・ツアーで、1989年はシティス・トリート・ツアーで、2004年、2005年はリビング・ルーム・ツアーで全米をツアーし、キャロルの音楽を全米に響かせていたのでした。

【Carole King: Day By Day ーSeptemberー】

9月は、キャロル飛躍の月。1947年9月、5歳のキャロルは幼稚園で優秀だったことから、いきなり小学校2年生に「飛び級」入学します。1957年9月にはNYのアトランティック・レコードに飛び込みでオーディションを受け、名プロデューサーのジェリー・ウェクスラーとアーメット・アーティガンに「才能がある、ソウルフルだ」と太鼓判を押され、同じ月にパラマウント・レコードとソロ契約、15歳のことでした。その後作曲家として活躍するキャロル。1964年9月にはハーマンズ・ハーミッツがレコーディングした「I’m Into Something Good(朝からゴキゲン)」を全英で大ヒットさせ、1967年9月にはアレサ・フランクリンのために作曲した「Natural Woman」がリリース、全米8位の大ヒットに。また1969年9月には、ザ・バーズがレコーディングした「Wasn't Born to Follow」が、大ヒット映画『イージー・ライダー』の挿入歌としてシングル発売されています。

私生活でも、1970年9月6日には2人目の夫でベーシストのチャーリー・ラーキー(23) と結婚し、1978年9月には4人目の夫となる男性とアイダホの温泉地で劇的な出会いを果たす(12年後に離婚)など、飛躍するキャロル。しかし2001年9月11日、その日発売予定だったアルバム『Love Makes the World』は、全米テロの勃発により延期されました(9月25日リリース)。

 

【Carole King: Day By Day ーOctoberー】

10月は、キャロル小休止の月。 とはいえ自身の作品は世間で脚光を浴び続けます。1968年10月にはキャロルと夫ジェリー・ゴフィンが作曲したモンキーズの「Porpoise Song」が、翌月封切られるモンキーズ主演映画『HEAD』のテーマ曲としてリリース。1971年秋はキャロルの名盤『Tapestry(つづれおり)』が全米大旋風を巻き起こしていた時期で、10月2日にはイギリスでもライブ番組『Carole King in Concert』が放送、そして同日、15週間全米1位に居座っていた『Tapestry』がついに1位の座をロッド・スチュワートの『Every Picture Tells A Story』に明け渡します(それでも2位)。1972年10月にはソロ4作目『Rhymes & Reasons(喜びは悲しみの後に)』発売。1986年と1989年の10月には娘Sherryに孫が生まれ、44歳にしてキャロルはグランマになりました。2001年10月21日には、マイケル・ジャクソン主宰の9・11テロ被害者救済コンサート「United We Stand 2001」に出演。そしてキャロル・キング・ミュージカル『ビューティフル』が初上演されたのは2013年10月サンフランシスコでした。翌年からNYブロードウェイで上演され、トニー賞受賞などの栄冠を授与されながら2019年10月29日にブロードウェイでの幕を下ろします。

-to be continued-